コレステロールの善玉(HDL)と悪玉(LDL)の違いとは?

コレステロールは動脈硬化のもと!

とよく聞きますよね。

 

でも、コレステロールには善玉と悪玉というのがあります。

善玉はHDLコレステロール、

悪玉はLDLコレステロールと呼ばれたりします。

 

どう違うんでしょうか?

それぞれの役割を見てみましょう。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの働きとは?

善玉と言われるHDLコレステロールは、

HDL(高比重リポたんぱく質)と複合したコレステロールを指します。

 

HDLが、体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを抜き取って、

肝臓に運んでくれます。

 

このHDLと回収されたコレステロールが一緒になったものが、

善玉コレステロールです。

 

簡単に言うと、

血管中の余分なコレステロールを掃除してくれる働きを持っています。

 

そして、悪玉と言われるのが、

LDLコレステロール。

 

LDLコレステロールは、

LDL(低比重リポたんぱく質)と複合したコレステロールを指します。

 

LDLは、肝臓から身体の隅々にコレステロールを運んでくれます。

 

このLDLとコレステロールが一緒になったものが

悪玉コレステロールで、

 

簡単に言うと、

血管中の必要な部分にコレステロールを運ぶ働きを持っているのです。

 

どうして善玉と悪玉なの?~HDLとLDLの違い~

ちなみに、

HDLやLDLはコレステロールを運ぶための

乗り物だって考えると分かりやすいです。

 

HDLは空っぽで出発して、

全身からコレステロールを回収して肝臓に戻ってきます。

 

LDLはコレステロールを乗せて肝臓から出発して、

全身にコレステロールを運び、

空っぽで戻ってきます。

 

つまりは正反対の働きをもっているんですね。

 

そのためLDLコレステロールが血液中に増加すると、

体の隅々に運ばれるコレステロールが増え、

コレステロールが血管壁の内側にどんどん溜まっていってしまいます。

 

そうすると、コブのようなふくらみが血管の中にでき、

血液の通り道が細くなったり、

詰まりやすくなったりして、

動脈硬化を促進させてしまいます。

 

そのため心筋梗塞や脳梗塞などの

病気を引き起こす原因となってしまうんです。

 

だから、LDLコレステロールは

「悪玉コレステロール」と呼ばれているんですね。

 

これとは逆に、HDLコレステロールは、

体の隅々の血管壁から余分なコレステロールを肝臓に運び、

動脈硬化を予防してくれます。

 

そこで、「善玉コレステロール」と呼ばれているわけです。

 

善玉コレステロールが増えると、

血管をきれいにしてくれます。

つまり、血管が若返るんです。

 

コレステロールというと健康に悪いイメージがありますが、

HDLコレステロールは、むしろ積極的に増やした方が良いのですね。

PR

コメントを残す