悪玉コレステロール(LDL)を減らす働きをもっている食べ物とは?

動脈硬化の原因にもなりうる悪玉コレステロール。

できるものなら、少しでも減らしたいですよね。

ではどうしたらいいのでしょうか?

 

実は、悪玉コレステロールを減らしてくれる食べ物があるんです。

何を食べたらいいのでしょうか?

詳しく見てみましょう!

 

悪玉コレステロールを減らしてくれる食べ物って?

食べるだけで悪玉コレステロールを減らしてくれるなんて、

手軽で嬉しいですよね。

 

では、悪玉コレステロールを減らす働きをもっている食べ物には

何があるんでしょうか?

 

どうやら、水溶性食物繊維や植物性たんぱく質がいいそうなんです。

食物繊維には、腸内の悪玉コレステロールを排出する働きがあります。

 

また、大豆に含まれるたんぱく質には、

血液中の悪玉コレステロールを減らす働きがあるんです。

 

食品で言うと、海藻、オクラ、ごぼう、ブロッコリー、

納豆、大豆、豆腐とかですね。

 

うん、健康的。

 

ざっくり言うと、野菜を中心にして、

納豆や豆腐、鶏肉とかをサイドメニューにっていう感じがいいのかもしれません。

 

また、悪玉コレステロールを処理するには肝機能も大切です。

肝臓には、コレステロールを分解して体外に排泄するなど、

コレステロール量を調節する機能が備わっているんです。

 

タウリンを含む食品は、肝機能をアップさせてくれます。

タウリンは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。

 

更に、ビタミンEには抗酸化作用があり、

悪玉コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。

 

ビタミンEを多く含む食品には、アーモンド、トウガラシ、うなぎの蒲焼き、

アボカド、かぼちゃなどがあります。

 

さらに、ビタミンEの抗酸化作用を高めるビタミンCを一緒に摂ると、

効果がよりパワーアップします。

 

但し、ビタミンEは摂り過ぎると下痢などの原因にもなってしまいます。

撮り過ぎには注意して下さい。

 

悪玉コレステロールを減らすために気を着けたいこととは?

悪玉コレステロールを減らしてくれる食べ物を色々見ていきましたが、

実は一番重要なことがあります。

 

それは「食べ過ぎない」ということ。

 

いくら悪玉コレステロールを下げる働きがあるとはいっても、

そもそも食べる量が多ければあんまり意味がありません。

 

減塩メニューだからといって

沢山食べれば塩分多めになっちゃうのと同じです(笑)

 

また、食べすぎて肝機能が低下すると、

コレステロールの調節機能がおかしくなってしまって、

必要以上の余分なコレステロールまでを

血液中にどんどんと送り込んでしまうといったことになりかねません。

 

悪玉コレステロールが気になる方は、

野菜を中心としたメニューにして、食べ過ぎないように気をつけてみましょう。

PR

コメントを残す