善玉コレステロールを増やしたいなら、空腹感を感じるのが大事!?

動脈硬化を予防するためには

悪玉コレステロール(LDL-C)を減らして、

善玉コレステロール(HDL-C)を増やすのが大事と言われています。

 

というのであればできるだけHDL-Cを増やしたいですよね!

 

実はHDL-Cを増やすには空腹感を感じるのが

大事らしいのですがなんでなんでしょうか?

善玉コレステロールはどうやって作られる?

HDL-Cと空腹感の関係。。

その前に、私達の体の中で

どうやってHDL-Cが増えるのかを知っておきましょう。

 

HDL-Cは私達の体の中の、

「小腸」と「肝臓」で作られます。

ザックリしすぎですか?(笑)

 

もっと詳しく説明すると、

「小腸」で分解された中性脂肪とコレステロール、リン脂質やなどが

「カイロミクロン」というリポタンパク質になって

血液中に溶け込みます、

 

行き先は肝臓です。

肝臓に中性脂肪とかコレステロールを運ぶんですね。

 

で、運んでいる間に、

リポ蛋白リパーゼ(LPL)という中性脂肪を分解する働きをもっている

酵素に襲われる?ことがあります。

 

きっと、体を動かすためにエネルギーが必要になったんでしょうね。

中性脂肪は分解すると遊離脂肪酸という体を動かすための

エネルギー源がでてきますからね。

 

で、そのLPLに分解される過程で、

HDL-Cが生成されることがあります。

 

次に、「肝臓」です。

肝臓には遊離脂肪酸や中性脂肪やグルコースなどの

エネルギー源が集まるのですが、

使い切れない分は脂肪細胞に保存しようとします。

 

で、その脂肪細胞に中性脂肪を送り出すときに

「VLDL」というリポタンパク質を作り出します。

 

これまたカイロミクロンみたいに

中性脂肪やコレステロールなどが含まれています。

 

このVLDLもLPLに襲われることがあるんですね。

そのときにもHDL-Cが発生することがあります。

 

善玉コレステロールは中性脂肪が増えると減る!

HDL-Cが増える仕組みは分かったと思うのですが、

減ることもありますよね。

 

なんで減ると思いますか?

 

それは中性脂肪が増えることによって

悪玉コレステロールが増えてしまうからなんです。

 

ちなみにここで言う中性脂肪というのは

先ほど説明した「VLDL」のことです。

 

あれ?

VLDLからHDLが発生するんじゃないの?

って思うかもしれませんが、

実は悪玉コレステロールであるLDL-CもVLDLから発生します。。

 

で、LDL-Cが発生するとどうなるのかというと、

ズバリHDL-Cが減ってしまうんですね。

 

そりゃそうです。

HDL-Cは血液中で使われなかったコレステロールを回収する働きがあって、

LDL-Cは血液中にコレステロールを運ぶ働きを持っているんですから。

 

空腹状態では中性脂肪は合成されない!

で、ここ重要なところなんですが、

LDL-Cを増やす原因である中性脂肪(VLDL)は、

実は空腹状態だと肝臓で合成されなくなります。

もしくは抑制されます。

 

空腹状態というのはエネルギーが外部から摂取されていない状態です。

つまりは肝臓的にはエネルギーが不足しはじめている状態です。

そんなときにVLDLを合成している余裕なんてありません(笑)

 

逆に、いままでせっせと脂肪細胞に貯めこんできた

中性脂肪をエネルギー源として使おうとするわけですね。

 

そういう状態になれば、

新たにLDL-Cが発生することはなくなります。

 

そうなると、HDL-Cも回収するべきコレステロールが減るので

増え始めるというわけです。

 

ちなみに中性脂肪の下げ方については

こちらの記事でまとめているので気になる人はチェックしてみてください。

PR

コメントを残す