善玉コレステロール(HDL-C)は高すぎても問題かもしれない!?

コレステロールには、

善玉コレステロールの「HDL-C」と、

悪玉コレステロールの「LDL-C」があります。

 

健康診断とかでLDL-C値が高いと、

「じゃあHDL-C値を高くするように頑張ろう!」

って思ったりするわけですが、

実はHDL-Cって高すぎても問題がある可能性があります。

HDL-Cが低いのは、「CETP」が正常に機能している証拠でもある

善玉コレステロールである「HDL-C」。

健康診断でその値が低かったりするとちょっとショックですよね。

 

でもちょっと待って下さい!

それって逆をいえば、

体が正常に機能している証拠でもあったりするんです。

 

HDL-Cって血液中や血管組織の余分なコレステロールを

回収してくれる働きを持っています。

 

ここで質問なんですが、

HDL-Cってなんでコレステロールを回収できると思いますか?

なんででしょう?

 

それは、「CETP(コレステロールエステル転送蛋白)」という

タンパク質が機能してくれているからなんです。

 

CETPはコレステロールや中性脂肪などの脂質を

交換(転送)してくれる働きを持っています。

 

例えば、HDL-Cが持っている中性脂肪と、

血管壁にくっついているコレステロールを交換するわけです。

そうして、HDL-Cはコレステロールを回収することができます。

 

ちなみに、ただ、コレステロールを回収するってわけじゃなくて、

中性脂肪という代償は必要です。

なんだか某マンガの等価交換の原則みたいですね(笑)

 

で、交換する中性脂肪がなくなると、

HDL-Cはコレステロールを抱えて肝臓へと帰っていきます。

HDL-C値が下がるわけです。

 

HDL-Cが異常に高い場合は「CETP欠損症」の可能性も。。

HDL-Cが低いのは体がちゃんと機能している証拠と言ったんですが、

「そんなの当たり前じゃないか!」

と思う人もいるかと思います。

 

でも、実は当たり前じゃなかったりもするんです。

 

先ほどの解説ででてきた「CETP」という転送蛋白。

このタンパク質が正常に機能していない人も実はいるんです。

 

「CETP欠損症」と呼ばれたりするんですが、

実はまだ世界中で日本でしか確認されていないレアな病気です!

 

CETPが正常に機能しないとどうなるのかというと、

HDL-Cがコレステロールを回収することができなくなってしまいます。

回収できないということは、

ずっと血中を彷徨うことになります。

 

なのでHDL-Cが高くなります。

でも、コレステロールは回収されていないわけです。

 

善玉コレステロールは高いけど、

血管中にはコレステロールがいっぱいという可能性もあるわけです。

恐いですね〜。

 

ちょっと前までは、

HDL-Cは高ければ高いほどいいと言われていた時期もありました。

 

でも最近では「CETP欠損症」という病気だということも分かり、

注意喚起されはじめています。

 

なので、健康診断でHDL-Cの値が低くても高くても、

一喜一憂せずに、

そもそもの動脈硬化の原因である

中性脂肪や糖類のとりすぎに注意しましょう。

PR

コメントを残す