小型LDL(sdLDL)ができてしまうメカニズムとは?

動脈硬化の原因と言われるLDLコレステロール。

悪玉コレステロールとか呼ばれたりします。

必ずしも悪いやつじゃないのに。。

 

でも、最近はそんなLDLよりも

もっと悪いやつがいると言われています。

 

それが小型LDL(small dense LDL)です。

超悪玉コレステロールと言われたりします。

この小型LDLはどうやってできてしまうんでしょうか?

善玉コレステロールが小型LDLを作り出す!?

コレステロールには善玉と悪玉があります。

あくまでもそう言われているだけで善悪はないですけどね。

どちらも体に必要なコレステロールです。

 

で、善玉コレステロールと呼ばれるHDLなのですが、

実はこのHDLが小型LDLを作り出す原因になっていたりするんです。

善玉なのに!(笑)

 

もっと詳しく説明すると、

HDLは小腸と肝臓で基本的には作られるんですが、

血液中を流れているリポたんぱく質である

カイロミクロンVLDL

リポたんぱくリパーゼ(LPL)によって分解されるときにも発生するんです。

 

で、このときのカイロミクロンとVLDLの状態が大事なんです。

 

実はちょっと中性脂肪が多めな状態の時があるんですね。

TG rich状態と言ったりします。

中性脂肪がリッチに含まれている状態です(笑)

 

こういうときにHDLが発生すると、

そのHDLも中性脂肪がリッチに含まれている状態になります。

「TG rich HDL」とでも呼びますか。

 

このTG rich HDLがLDLと接触したときに問題が起こります。

HDLとLDLってコレステロールや中性脂肪を

交換しあうという性質を持っています。

 

コレステロールエステル転送たんぱく(CETP)という

タンパクがそれを可能にするんですが、

TG rich HDLの場合は交換先であるLDLのコレステロールを

ちょっと多めに受け取ってしまいます。

 

「中性脂肪ちょっと多めに上げるからコレステロールちょっと多めに頂戴!」

って感じですね(笑)

 

そうすると、LDLはいつもよりもコレステロールが少なめという状態に。。

その状態でLPLによって余分な中性脂肪やリン脂質を分解されると、

はい、小型LDLの出来上がり!

というわけです。

 

中性脂肪が過剰になってしまうことがそもそもの原因!

小型LDLが出来上がる仕組み。

お分かりいただけましたでしょうか?

 

小型LDLは血管壁の隙間に入り込めるぐらい小さいので、

酸化しやすくなり、

動脈硬化の原因になりやすいです。

だからこそ超悪玉と呼ばれたりします。

 

できるならその発生を予防したいですよね!

で、その予防方法なのですが、

ズバリ、中性脂肪を減らすことです!

 

小型LDLができる原因は

TG richなHDLができてしまうことと説明しましたね。

 

そもそもTG richなHDLができてしまうのは、

中性脂肪が余ってしまい、

TG richなカイロミクロンやVLDLができてしまうからです。

 

こちらの記事で中性脂肪を下げる3つの方法について解説しています。

気になる人はぜひチェックしてみてください。

PR

コメントを残す