sdLDL(小型LDL)が発生する原因は運動不足にあった!?

超悪玉コレステロールとも言われている

小型LDL(sdLDL)。

 

実はそのsdLDLが発生する原因は

運動不足とも関係するようなんです。

 

いったいどんな関係があるんでしょうか?

小型LDLが発生する原因物質は「中性脂肪(VLDL1)」!

そもそも小型LDLはなんで発生するのか知っていますか?

 

簡単に言うと、

中性脂肪がちょっと多めのVLDLが

肝臓で合成されてしまうのがそもそもの原因になります。

 

中性脂肪が多めのVLDLは

「TG(トリグリセリド)rich VLDL」と呼ばれたりします。

TGがリッチに含まれているVLDLということですね(笑)

ちなみに「VLDL1」とも言われたりします。

 

中性脂肪が通常量のVLDLは「VLDL2」と呼ぶみたいですね。

 

で、なんで中性脂肪がリッチに含まれているVLDLが

小型LDLの発生に関係するのか?

流れをみてみましょう!

 

VLDL1は中性脂肪が余分に含まれている状態です。

そうするとどうなるのかというと、

実は血中でVLDL1と接触したHDLが、

その中性脂肪を回収してしまうことがあるんです!

 

HDLはなにもLDLのコレステロールを回収するだけじゃないんです。

で、そういうHDLは中性脂肪リッチなHDLへと変化します(笑)

 

肥満をなすりつけあってる感じですね。。

 

そして、そういう中性脂肪リッチなHDLがLDLと接触すると、

そのLDLも中性脂肪多めなLDLになってしまいます(笑)

 

そして、ここ大事なのですが、

コレステロールが通常よりも少なくなります。

 

中性脂肪を多めにもらった分、

コレステロールを多めにあげちゃうんですね。

 

で、そういう中性脂肪多めでコレステロール少なめのLDLが

リポたんぱくリパーゼ(LPL)や肝性リパーゼ(HTGL)によって分解されると、

sdLDL(小型LDL)が出来上がるというわけです。

 

運動をすると中性脂肪多めのVLDL1の生成を抑えることができる!

さて、小型LDLが発生するのは、

中性脂肪がちょっと多めなVLDL(VLDL1)が

発生するからというのは先ほどの解説でわかったと思います。

 

ここからが本題です。

 

肝臓からは中性脂肪ちょい多めのVLDL1と

普通の中性脂肪量のVLDL2のどちらかが

合成されて血中に放出されます。

 

なんで2種類作り分けられているんでしょうか?

その答えが、実は運動にあるわけです。

 

運動をすると、

中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解する酵素である

リポたんぱくリパーゼ(LPL)の分泌が増えることが知られています。

体を動かすためにエネルギーが必要になるのですごく分かりやすいですよね。

 

で、LPLが増えると、

実はVLDL1の合成が抑制されはじめるんですね。

 

VLDL1が合成される理由というのは、

エネルギーが余り気味なので、

中性脂肪にして体の脂肪細胞にストックしておこうと

体が反応するからです。

 

でも、運動によってエネルギーが消費されるなら

反対にエネルギー不足になる事態も考えられます。

 

そこで、中性脂肪多めなVLDL1の合成が

抑制されるわけです。

 

で、結果的にsdLDL(小型LDL)の発生が抑えられるというわけです。

PR

コメントを残す