食べたものが体内で中性脂肪として蓄えられる仕組み

動脈硬化の原因となる中性脂肪。

 

中性脂肪を落としたいなら、

食べたものがどういう仕組で

体内に蓄積されるのかを理解することが大事です。

 

食べたものは一体どうやって体内に

蓄積されるんでしょうか?

中性脂肪には、「腸」で合成されるものと、「肝臓」で合成されるものの2種類ある

まず、最初に言っておきたいことは、

中性脂肪が合成される場所は、

体内に2箇所あるということです!

 

「小腸」と「肝臓」の2箇所なんですね。

 

私達がものを食べるとまずは、胃で消化されて、

小腸に送られます。

 

この小腸で、まずは中性脂肪が合成されるんです。

 

腸で合成される中性脂肪は、食べた「脂肪」が原料です

小腸で合成される中性脂肪なのですが、

その原料はなにかというと、ズバリ「脂肪」です!

 

中性脂肪のイメージどおりですね(笑)

 

お肉の脂身とか油とか、

そういった脂肪が胃で消化されて、

そのあとに、腸内で遊離脂肪酸とグリセロール(グリセリン)

に分解されます。

 

そして、再び、腸内でふたたび中性脂肪に合成されます。

なぜか、1度分解してから再合成するんですよね。

 

食べ物に含まれる中性脂肪はそのままだと吸収できないのかもしれませんね。

 

そして、腸内で合成された中性脂肪と、コレステロールによって

カイロミクロンというリポタンパク質が合成されて、

血液を通って肝臓へと運ばれます。

 

で、肝臓から適時、体中の脂肪細胞へと中性脂肪が運ばれるわけですね。

 

肝臓で合成される中性脂肪は、食べた「糖類」が原料です

ちなみに肝臓でも中性脂肪は合成されます。

肝臓で合成に使われるのは「脂肪」ではなくて「糖分」になります。

 

中性脂肪ってすごい脂ぎったイメージがあるので、

油っぽい食べ物を食べると増えそうなイメージがあるのですが、

実は糖分からも合成されます。

 

つまりは、お菓子とか甘いものを食べまくると

中性脂肪が増えるわけなんです。

 

小腸で合成される中性脂肪は少なくなるんですが、

肝臓で糖分を原料につくられる中性脂肪は増えてしまうんですね。

 

ちなみに、肝臓で作られる中性脂肪は、

腸で作られる中性脂肪の量が増えると、抑制されていくようなんです。

 

つまりは、多少は油っぽい食べ物を食べたほうが、

結果的に中性脂肪が少なくなるということが言えるんです。

 

意外じゃないですか!?

 

ちなみに、肝臓ではどういうふうに中性脂肪が合成されるのかを解説します。

 

まずは糖分は腸で分解されてブドウ糖(グルコース)として体内に取り込まれます。

体を動かしたり脳で使われるグルコースはすぐに使われていくのですが、

あまったグルコースはどうなるのかというと、

肝臓へと運ばれていきます。

 

そして、肝臓にて、貯蔵されやすいカタチ、

つまりは、中性脂肪へと合成されるんですね。

 

そうして、肝臓で合成された中性脂肪も、

体中の脂肪細胞へと運ばれていきます。

PR

コメントを残す