レムナント様リポ蛋白コレステロール(RLP-C)ってなに?

レムナント様リポ蛋白コレステロール(RLP-C)

って知ってますか?

 

TGリッチなリポたんぱく質が

レムナント化したものなんだそうですが、

一体どんなものなんでしょうか?

酸化しなくてもマクロファージに食べられてしまう「超超悪玉コレステロール」?

レムナントというのは「残り物」とか「残骸」という意味だそうです。

そういえばラストレムナントというゲームがありました。

「最後の残骸」っていう意味でしょうかね?

 

さてさて、

レムナント様リポ蛋白コレステロール(以下RLP)についてです。

 

まず、このRLPが動脈硬化にどう繋がるのがを説明します。

 

動脈硬化というのは、

酸化したLDLやsdLDLが血管壁に付着して、

マクロファージに食べられてしまい、

そのマクロファージが泡沫細胞になってしまうことで

悪化していくと言われています。

 

「酸化した」っていうのがポイントです。

 

LDLやsdLDLが酸化さえしなければ

動脈硬化を防げるってことですからね。

 

でも、このRLPは違います。

なんと、酸化しなくてもマクロファージに食べられてしまうそうなんです。

恐ろしいですね〜。

 

リポたんぱくのサイズからいえば、

RLPの方がLDLやsdLDLよりも大きいはずなんですけどね。

 

大きいぶんコレステロール含有量も多いです。

 

最近では、

動脈硬化のもっとも大きな原因は

このRLPなんじゃないかとも言われています。

 

LDLが「悪」玉コレステロール、

sdLDLが「超悪」玉コレステロールだとすれば、

RLPは「超超悪」玉コレステロールでしょうか?

 

 糖尿病や高脂血症の人には「レムナント」が多く発生しやすい

ちなみにこのRLPというのは、

TGリッチなリポタンパク質である、

カイロミクロンやVLDLが

リポたんぱくリパーゼ(LPL)によって分解された

「残骸」らしいのです。

 

「残骸」っていう表現もなんですが(笑)

レムナントですからね。

 

もうちょっとキレイに表現すると

「分解後形態」っていう感じでしょうか?

 

カイロミクロンがLPLによって分解されると

遊離脂肪酸と、

このRLPができるという感じですね。

 

ちなみにカイロミクロンからできたRLPは

「カイロミクロンレムナント」といいます。

 

VLDLからできたRLPは

「VLDLレムナント」、または、「IDL」と言ったりします。

 

そんなRLPなんですが、

実は通常はすぐに肝臓にとりこまれて、

血中を長時間ただようことはないそうなんです。

 

なんといっても、

酸化しなくてもマクロファージの標的になってしまうし、

サイズも大きめなので

含有コレステロールも多いですからね。

 

結構危険なやつです。

 

私達の体だってバカではないので

「すぐに肝臓に回収させよう!」って思うはずです。

 

でも、うまく回収できない場合があるんですね。

どんな場合なのかというと、

糖尿病や高脂血症を患っている時です。

 

糖尿病も、高脂血症も、

肝臓をものすごくこき使っているからこそ

発症すると言っても過言ではありません。

 

糖分を摂り過ぎると、

肝臓では余った糖分を中性脂肪に合成しないといけないですし、

高脂血症の場合も、

余った中性脂肪をせっせと体の脂肪細胞へ送り出さなければいけません。

 

つまりは忙しいのです。

 

そんなときに、RLPがやってきたらどうでしょうか?

「ごめん!今忙しいんだ!」

って言われかねません。

門前払いです。

 

そうやってRLPが血中に増えていってしまうんですね。

肝臓をこき使うのはほどほどにしておきましょうね!

PR

コメントを残す