どうして動脈硬化になってしまうんでしょうか?その原因とメカニズム

脳梗塞や心筋梗塞などの

循環器系の病気の原因になる動脈硬化。

 

恐ろしい病気なのですが、

どのようにして動脈硬化になってしまうのか?

 

そのメカニズムについて知っていますか?

悪玉コレステロールそのものは悪くない!

動脈硬化の原因、知ってますか?

多くの人が、コレステロールでしょ?

って思っていると思います。

 

もちろん、コレステロールです!

でも、血管壁にコレステロールが沈着してしまうまでには、

いくつかのストーリーがあるのです。

 

コレステロールといっても、

血管の中を流れているコレステロールには2種類あります。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールですね。

善玉の方をHDL、悪玉の方をLDLと呼んだりします。

 

簡単に説明すると、

HDLは血液中の余分なLDLを回収する働きを持っていて、

LDLは血管壁を作ったり補強するために必要なコレステロールを

体中に運ぶ働きをもっています。

 

LDLって悪玉って呼ばれていますが、

なかったらなかったで生きていけません。

すぐに血管が破れてしまうようになります。

LDLについては詳しくはこちらの記事

 

ここまでいいでしょうか?

 

それではLDLがそのまま血管壁に沈着してしまうのでしょうか?

 

実は違うんですね〜。

LDLというのはコレステロールそのものではなく、

リポタンパク質というカタチをとっています。

 

コレステロールそのものは脂質なので

血液中に溶け込むことができないので、

アポタンパク質と結合してリポタンパク質になることで

血液中に溶け込めるようにしています。

 

つまりはLDLはそのままの状態であれば

血管壁に沈着するということはないんです!

 

酸化してしまった悪玉コレステロール、これが問題だ。。

じゃあなんでLDLは悪玉って呼ばれているの?

というと、LDLがあるものに変化するからなんです。

 

LDLは血管中を流れている間に、

活性酸素やフリーラジカルの攻撃を受けて、

酸化してしまうことがあります。

 

その結果、LDLは酸化LDLに変化します。

 

この、「酸化LDL」がヤバイやつなんです!

 

なんでヤバイのか。。

それは、白血球の一種であるマクロファージの餌食になって

しまうからなんです。

 

マクロファージは普通のLDLに対しては見向きもしないんですが、

酸化LDLに対しては敵意をむき出しにします。

そして食べてしまいます(笑)

 

マクロファージは貪食細胞と呼ばれているだけあって、

とにかく酸化LDLをパクパクと食べてしまいます。

 

そして、食べきれなくなると血管中で死んでしまいます(笑)

 

お腹の中にはコレステロールがいっぱいのマクロファージは、

死ぬと泡沫細胞という細胞に変わります。

その名のとおり泡みたいな細胞です。

 

この泡沫細胞が血管内膜に溜まっていってしまうことで、

血管にコブができたようになって、

動脈硬化につながっていってしまうんですね。

 

ちなみに泡沫細胞が溜まっていくことを

粥状(アテローム)化と言ったりします。

 

お粥みたいな感じですね。。

で、米粒が泡沫細胞です。

 

というわけで、

コレステロールが動脈硬化の原因になってしまう

悲しいストーリーでした。

PR

コメントを残す